価格.com

日産 セレナ e-POWER 2018年モデルのレビュー・評価

自動車>日産>セレナ e-POWER>セレナ e-POWER 2018年モデル>セレナ e-POWER 2018年モデルのレビュー・評価>

セレナ e-POWER 2018年モデルのレビュー・評価

ナラナラGO!さんのレビュー
2018年4月16日[1120638-1]
■車種情報
[モデル] セレナ e-POWER 2018年モデル
[グレード] ハイウェイスター V
■レビュー対象車
[対象車] 新車
■購入情報
[購入時期] 2018年3月
[購入地域] 京都府
[本体値引き額] 10万円
[オプション値引き額] 15万円
※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。
■レビュアー情報
[乗車人数] 5人
[使用目的] 通勤・送迎、買い物、レジャー
[頻度] 週3〜4回
[重視項目] ファミリー、快適性、エコ
満足度
★★★★★5
エクステリア ★★★★★5
インテリア ★★★★4
エンジン性能 ★★★★★5
走行性能 ★★★★★5
乗り心地 ★★★★★5
燃費 ★★★★★5
価格 ★★★★4

同乗者を含めたトータル満足度が抜群に高い車。
納車された車

先日納車されました。 妻と二人で169キロ運転して、だいたいの機能を体感できたので、はじめのレビューをします。 一世代前のC26セレナからの乗り換えです。


【エクステリア】
C26セレナより、少し主張が強いマスクですが、いかつすぎず、かっこよいと思います。 ハイウェイスターVなので、少しでっぱりは感じます。 普通のタイプでも十分に良いと思います。 色はホワイトパールです。 グリルの青い部分はすごく気に入っています。 ツートンカラーは時間がかかるとのことでしたし、リセールバリューを考えた時にこれでいいかとも思いました。 どの色もなかなかの人気のようですね。


【インテリア】
運転席と助手席の横のでっぱりは個人的には印象は悪くなかったです。 ウォークスルーをするには十分に低いですし、嫁のトートバッグ、私のボディバッグなど両方をギリギリおけました。 USB6個設定は嬉しい。 3列目シートのミニデスクと、真ん中の3点式ベルトも好印象。 2列目のキャプテンシートも、親がゆっくりくつろげるようです。 シートを動かさなくても3列目に行けるので、8人乗りが欲しかったところですが、これはこれでいとも思いました(8人乗りHVはオデッセイHVが良いと思いました。 試乗済)

シートは防水シートタイプを選びましたが、特に冷たくもなく、よかったです。

小物入れもところどころあって、携帯・スマホが落ちないように傾斜がついているところが多い印象です。 あと、二つに分かれるリアゲートは、このおかげで後ろの積んだ荷物が開けた瞬間にバサっと落ちるのを防げて大変便利です。


【エンジン性能、バッテリー性能】
低速ではわざと鳴らしているのかな?と思うようなときがありました。 ハイブリッドの法律規制の音は、少し不快ですが仕方ないですね。 通常走行時の室内は、基本本当に静かなので、車内の会話は確かに運転している人でも十分に拾えます。

加速はノートと比べるとマイルドな味付けのようですね。 それでも出そうとおもったら、十分に出ますし、出足が早いので、ストレスがたまりません。
バッテリーは上り坂では想像以上にガンガン減って、逆に下り坂はみるみる貯まる印象です。


【走行性能】
静かの一言です。 パワーは個人的には十分に感じました。 ステップワゴンHVも試乗していたので、それと比べると確かにパワーは落ちるのかもしれませんが、あちらはパワーを出そうとしたときの音が少々うるさくなるので、セレナは静かで優秀だと思いました。

ただし、カーブのときのロールはステップHVより若干あるようです。 エコモードだとスーパーの駐車場の坂道などでずり下がるので、そのときはクリープ現象が効くノーマルモードにしておく必要を感じました。

高速道路以外のやや速く走れる郊外道路で、プロパイロットが十分に使えました。 車線維持をしつつハンドル操作をしてくれるため、明らかに疲れ具合が減ることを確認しました。 遠くに楽にいけそうな印象です。 ノートe-POWERの口コミにあったように、それで眠くなるわけではなく、こちらが他の確認部分に神経を使えるので、より楽に安全に走行できます。


【乗り心地】
エコモードで基本走ったので、回生ブレーキが効きます。 このおかげでいきなりのブレーキの踏みかえもなく、急ブレーキとならないため、同乗者になにより優しい運転が可能です。 プロパイロットを使うと、前の車が遅くとも、こちらがコントロールすることなく車間、車線を維持してくれるので、必要以上にイライラすることがなくなります。 必然こちらも優しい運転となり、同乗者が不安に感じることが少なくなります。 ブレーキを使う機会が圧倒的に少なくなるワンペダル運転はぜひ試乗して、自分に合う合わないを体感してほしいと思います。


【燃費】
169キロ走って、17.6kmでした。 まだまだ回生ブレーキをうまくつかえず、信号の停止線前で止まろうとしてしまったりしているのと、途中山超え(往復40キロ)を含んでいますので、初めての割に悪くないと思います。


【価格】
C26セレナが総額250万程度だったことを考えると、高いの一言につきます。 ただ、安全性能など、すべてを入れてのメリットを考えると、ローンしてでも買う価値はあるのではないかと思いました。 (実際、残価設定ローンの方は非常に多いそうです)
高いものの、それだけのことはあると断言できるトータル満足度です。


【総評】
前に乗っていた、2013年のC26セレナとくらべて、5年でここまで変わるのかという進化を妻とともに感じました。 大きく変わったのは、モーター駆動(ワンペダル含む)というのと、安全性能、ドライブレコーダーなどの装備などかと思います。

特にモーター駆動による静かさ、踏んだだけ加速して、戻しただけ減速できるワンペダルの楽しさ、プロパイロットの安全性能も合わせると素晴らしいの一言です。

ハイブリッドのミニバンを選ぶときにライバル車との比較になるかと思いますが、数キロの燃費の上下より、これらのセレナe-POWERだけの特徴がどれだけ気に入るのかで選ぶべきかと思いました。 ノートの口コミをみていても、みなさんの運転の楽しさは伝わってきますし、セレナも回生ブレーキのうまい使い方など、これからオーナーが乗り方を創意工夫していくでしょう。
また、55リットル満タンでほぼ1000キロを走るのは、ガソリン車とEV車の移行期間ではぴったりのポジションかとも思いました。

セレナe-POWERに決める価値は、これらの魅力とともに、同乗者を含めたトータル満足度の高さではないかと。 SUVの3列シートも人気ですが、やはり広く静かで、ともすれば苦労ばかりで報われないことが多い運転者と同乗者が気軽に話せる、みんなが快適な部分にあるのではないかと。

そういう意味で、セレナe-POWERは強くお勧めできると思いました。

日産 セレナ e-POWER 2018年モデル自動車(本体)>日産
セレナ e-POWER 2018年モデル
4.30(50件)ソ13位2688件



[*]最初へ最後へ[#]
(50件中 25件目)

レビュー・評価の使い方
お問い合わせ

上へ▲

Myページ履歴サイトマップ

>>>>>>>セレナ e-POWER 2018年モデル ナラナラGO!さんのレビュー・評価

価格.com