価格.com

中古車検索用語集!

トップ>自動車・バイク>中古車>
中古車検索用語集

基本情報
価格
クルマの購入には「車両本体価格」に加え、諸費用(所定の税金や保険料としての「法定費用」と販売店によってことなる「販売店手数料」)が必要です。この価格は車両本体価格のみを指します。
総額
クルマの購入には「車両本体価格」に加え、諸費用(所定の税金や保険料としての「法定費用」と販売店によってことなる「販売店手数料」)が必要です。総額とは、諸費用をあわせた金額を指します。販売店の所轄運輸支局以外で登録する際やクルマの定置場所、登録月によって、総額が異なる場合があります。また遠方で購入した際の輸送費用は含まれていません。必ず販売店に確認をしてください。
年式
年式とはそのクルマが日本で最初に登録された年(初度登録年)のことです。とくに輸入車では、日本で最初に登録された年を意味する場合と、メーカーが設定する「このクルマは○○年モデル」という年型を意味する場合がありますので、販売店にて確認する必要があります。
走行距離
そのクルマの新車登録時からの総走行距離を示します。走行距離は中古車の状態を測る目安の一つで、自家用車は年間1万〜1.2万Km程度走行しているのが標準的ですが、メンテナンス状況によってクルマの劣化には差が出ます。実際の品質は販売店で直接お確かめください。
車検
この項目には車検の期限について記しています。08(H20)年8月などと表示されている場合・・・2008(平成20)年8月まで車検が残っています。そのため、名義変更すればそのまま乗れます。
・検2年付や検1年付
車検に関わる整備費用のみ、車両本体価格に含まれています。 ただし税金などの法定費用や登録代行手数料などの諸費用は別途必要になります。
・検なし
車検にかかる費用は車両本体価格に含まれません(別途車検費用一式が必要になります)。
つまり「検2年付や検1年付」は、あくまで車検に関わる整備費用がかからないだけということです。車検取得時に必要な2年分の重量税や自賠責保険料は別に払わなくてはなりません。結局「車検2年付」と「車検なし」のどちらがいいという問題ではなく、あくまで見積書をもらった総額で判断することが大事です。見積書をもらうだけなら購入の義務はありません。もし、「車検2年付」なのに諸費用の中に車検整備費用が加算されていたら、ちゃんと指摘し削ってもらうようにしましょう。
排気量
総排気量ではなく、わかりやすく下2ケタを「00」と表示した排気量となります。
ミッション
トランスミッションのことで、MT(手動式=マニュアル)またはAT(自動式=オートマ)、CVTの指定ができます。
乗車人数
物件取材時に確認した、乗車定員です。
ハンドル
ハンドル(ステアリング)の位置を指します。日本は左側通行なので国産車は原則的に全て右ハンドル、輸入車は左右両方が流通しています。慣れれば左ハンドルでもそれほど問題はないとされますが、駐停車時の乗り降りが不便だったり、右折の際にやや対向車線が見難いなどの注意点はあります。
ドア数
荷室へのリアハッチと乗降ドアを含めた枚数です。
禁煙車
車内で喫煙の形跡のない物件を指します。この項目は販売店の判断となります。実際に物件を見に行った際に、臭いなどを確認しましょう。
リサイクル料
自動車リサイクル法を指します。 自動車リサイクル法とは、廃車になった使用済みのクルマから出る有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図るための法律として、2005年1月より施行されたものです。害が大きいフロンやエアバッグ、シュレッダーダストなどを自動車メーカーが責任を持って回収することになり、その処理費用をユーザーが負担することになりました。リサイクル料金は、車種・グレードによって異なります。料金を支払うのは、2005年1月以降に(初めて)車検を取得する際、または廃車時です(新車および、車検切れUカーは購入と同時に販売店を通して支払い、車検残ありUカーは次回車検時に所有者が自ら支払うことになります)。リサイクル料金が支払われた(リサイクル券が発行された)クルマを売却する場合、リサイクル券は車検証などと一緒に手放すことになり、リサイクル料金は売却価格に含まれて所有者に返還されます。そのクルマを次に購入する人はリサイクル券を手にいれ、新たにリサイクル料金を負担することになります。
(1)リ未
リサイクル料金が未預託のため、廃車時に、新車・未登録車は購入時に車両本体価格とは別に必要となる。
(2)リ未+リ追
(1)+廃車時にリサイクル料金の追加が必要な装備がついている。
(3)リ済別
リサイクル料金は預託済だが、車両本体価格に含まれておらず、購入時に別途必要となる。
(4)リ済別+リ追
(3)+廃車時にリサイクル料金の追加が必要な装備がついている。
(5)リ済込
リサイクル料金が預託済で、車両本体価格に含まれている。
(6)リ済込+リ追
(5)+廃車時にリサイクル料金の追加が必要な装備がついている。
(7)リ対象外
リサイクル法対象外の特殊車両等に該当するため、リサイクル料金が発生しない。
修復歴
修復歴とはクルマの骨格に影響するような事故を経験し、それを修復した履歴のことです。自動車公正取引協議会による定義があり、バンパーのキズやドアのへこみを修理したくらいでは修復歴には該当しません。修復歴がある場合は展示・販売時にそれを明記することが義務付けられています。掲載全車で修復歴の有無を表示しています。
車台番号
車台番号とは、国産車輸入車を問わずクルマ一台一台を特定できるよう、シャーシに打刻されている番号です。この番号の下3桁を全掲載車に表示しています。
保証
保証について「保証付」「保証別」「保証無」と表示しています。1カ月または1000km以上の保証制度をもって保証とし、保証書の発行が必須であることを基準といたします。
保証付
保証が無料で付いていることを示します。また、新車保証の継続をもって保証とする場合、保証の継続に必要な定期点検整備の費用が、車両本体価格に含まれていることを示します。
保証別
保証を有料で付けられることを示します。また、新車保証の継続をもって保証とする場合、保証の継続に必要な定期点検整備の費用は、車両本体価格に含まれていないことを示します。
保証無
保証が付かない物件であることを示します。
整備
定期点検整備実施状況を「整備込」「整備別」「整備無」と表示しています。
(1)整備込
納車までに法定12カ月定期点検整備以上の整備を実施し、その整備に必要な費用が車両本体価格に含まれていることを示します。
(2)整備別
納車までに法定12カ月定期点検整備以上の整備を実施することを示します。ただし、この整備に必要な費用は、車両本体価格に含まれていません。
(3)整備無
法納車までに法定12カ月定期点検整備以上の整備を実施しないことを示します。
オプション・装備情報
エアコン
エアーコンディショナー(空気調整機)の略。クーラーとは夏場の暑い車内を冷やすだけのもの。エアコンはクーラーとヒーター、それにベンチレーション(換気)機能が一体化したものを指すのが一般的です。現在は、コンピュータで温度や風量などを自動的に制御するオートエアコンが装備されるクルマが多いです。ツインエアコンは助手席と運転席でエアコンの働きを別々に設定できる機能を指しましたが、ミニバンなどでは前後席別に設定できるものもあります。
パワーステアリング
パワーステアリングを指します。エンジンの動力やモーターを利用してステアリングを軽く回せるようにしたものです。ベルトや油圧を介したもので、その効果は絶大です。仮にこれらの機構が壊れるとステアリングは恐ろしく重いものになります。
パワーウインドウ
モーターの力を使って窓を開閉する機構です。最近のクルマでは一度スイッチを触れば全閉、全開にできるオート機能付きのものが多いです。
CD
CDオーディオデッキ、もしくはチェンジャーが装着されています。
MD
MDオーディオデッキ、もしくはチェンジャーが装着されています。
カーナビ
自分のクルマの位置と地図情報を組み合わせて、目的地までの手がかりを示してくれるシステムです。純正品に比べて市販品の方が安く高性能なものが多いです。
キーレス
キーレスエントリーを指します。キーを差し込まなくても、リモコンによってドアの開錠と施錠が可能なシステムです。
エアバック
運転席エアバッグを指します。エアバッグとは衝突の際に瞬時に風船のようなものがふくらみ衝撃から乗員を守る装置を指します。運転席用はステアリングに内蔵されます。
4WD
4輪駆動車であることを表します。フルタイム、パートタイムなどのメカニズムは区別していません。
ABS
ABSは急ブレーキ時のタイヤロックやスピンを防ぐシステムです。
アルミホイール
アルミ製ホイールの装着を表します。新車時の装備として付いているメーカー純正品と、新車購入後に装着された市販品の区別はしていません。
エアロ
エアロパーツ一点でも装着されていることを表します。
ローダウン
サスペンションのバネを交換するなどして、標準的な状態より車高を下げた仕様であることを表します。
サン/ムーンルーフ
屋根の一部が開閉できる構造、またはその開閉できる部分のことを指します。開閉部が二つあるものはツインサンルーフと呼びます。開閉部はガラス製やスチール製のものがあります。チルト式はポップアップ式とも呼ばれ、開閉部の一部が外側にせり上がるものを指します。これに対して開閉部が後方にスライドして開くものをスライド式と呼びます。
本革シート
表面の素材が本革製のシートのこと。高級感があるため特に高級モデルでは装着車の人気が高いです
ワンオーナー
過去の所有者が単一である中古車のこと(ただし、業者間売買などで車検証での名義は複数移転している場合があります)。複数の所有者に様々な乗り方をされた中古車よりも同じ人間が乗っていた中古車のほうが一般的に高品質である場合が多く、市場での評価も高いです。
ディーラー車
輸入車に用いられる表現で、正規代理店(いわゆるディーラー)を通じて輸入されたことを指します。並行輸入車に対して信頼性が高いとされるため、表示しています。
福祉車輌
運転手用の福祉車両、車椅子仕様の福祉車両、サイドリフトアップシート/回転シートの福祉車両を指します。
記録簿
定期点検記録簿を指します。整備や点検の履歴を記入する冊子である定期点検記録簿が付属していることを指します。きちんと履歴が記入されたこの冊子が付いている中古車はメンテナンス状態が明らかになるため安心です。ただ、「定期点検記録簿付き」であっても記入内容は過去のオーナーにより様々なので、詳しくは販売店で確認してください。

上へ▲

Myページ履歴サイトマップ

>>>中古車検索用語集

価格.com