中古車査定 価格.com

中古車一括査定!あなたの愛車の最高価格が簡単にわかります。

自動車・バイク>車買取・中古車査定>

「得する」中古車査定ガイド

一括査定後に得するコツ
車を売る時に必要な書類


書類のイメージ自動車を手放す際には、いくつかの書類が必要となります。 これらを事前に用意しておくことで、取引はスムーズに行えます。 委任状や譲渡証明書などは、買取店舗側で用意してくれることが普通ですが、念のため必要書類は事前に確認しておきましょう。

(1)実印
不動産や自動車などを購入する際に必要となる印鑑。 自動車を購入したときに使ったものです。

(2)印鑑証明書
市区町村が証明する実印の登録証書。 自動車の購入時にも使ったものです。 有効期限があるため、発行日から3カ月以内のものが必要です。

(3)自動車検査証(車検証)
一般的には車室内保管にしてるものですが、自動車のなかに置いていない人は、探し出しておきましょう。 紛失した場合は管轄の運輸支局で再発行してもらう必要があります。

(4)自動車税納税証明書
毎年5月末までに納める自動車税の納税証明書です。 これを納めていないと自動車を手放すことはできません。 紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらいます。

(5)自賠責保険証
車検時に加入する、別名で強制保険とも呼ばれているものの加入証明書です。 一般的には車検証と一緒に保管されています。 この期限が過ぎていると自動車を手放すことはできません。 紛失した場合は保険会社に再発行してもらう必要があります。

(6)リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。 こちらも車検証と一緒に保管されている可能性が高いものです。 紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから 『自動車ユーザー向け>自動車リサイクル料金の預託状況』 を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。

次ページ:気持ちよく取引するために


一括査定START!

※リクルートが運営するカーセンサーnetへ移動します

車買取・中古車査定トップ

上へ▲

Myページ会員登録サイトマップ

価格.comトップ>自動車・バイク>車買取・中古車査定>「得する」中古車査定ガイド 一括査定後に得するコツ 車を売る時に必要な書類

中古車査定 - 価格.com