中古車査定 価格.com

中古車一括査定!あなたの愛車の最高価格が簡単にわかります。

自動車・バイク>車買取・中古車査定>

「得する」中古車査定ガイド

一括査定で得するポイントB
フォーム記入の「コツ」で得


中古車査定のイメージ
WEBサイトから査定申込フォームに申し込む際、より正確な暫定査定金額を知るためには、自動車の状態を詳細に記入する必要があります。 しかし、単に事細かく書けばよいと言うわけではありません。 正確な暫定買取金額を知り、さらに「得する」ためには、ちょっとしたコツが必要となってきます。
とは言っても、決して難しい内容ではありません。 ポイントは2つ。 「間違った情報を書かない」ことと、「査定金額が高くなりそうな情報を積極的に書き込む」ことです。
間違った情報を書かない、という点で重要なのは、車種やグレード、年式、ボディカラー、排気量、ミッション形式、走行距離などの基本情報です。 これらは、ひとつ書き間違えてしまうだけで査定金額が不正確になってしまうため、充分な注意が必要です。
もうひとつの「査定金額が高くなりそうな情報を積極的に書き込む」というのは、分かりやすくいえば自己アピールです。 特に純正オプションなど装備品の有無は、大きく査定金額が変わってきますので、積極的に書き込みましょう。 特に人気のアイテム、カーナビやサンルーフ、レザーシートなどは装備されていれば査定アップ確実の必須項目。 純正or車外アルミホイールやエアロパーツ、内装のオプション品、キーレスエントリーなどはそれほど査定に影響を与えませんが、車種によっては多少価格アップに貢献する場合もありますので、一応書いておきましょう。

もうひとつ、中古車に関わる独特の内容として「修復歴」というものがあります。 過去に自動車が事故にあったかどうかを表す言葉ですが、これがある自動車は「事故車」と呼ばれます。 しかしながら、事故車という定義はとても難しく、プロがじっくり査定して判断するレベルの問題となっています。 ですから、あきらかにフレームがゆがんだ大きな事故や、30万円以上の修理代がかかったケースなどをのぞいて、暫定査定時には特に書き込む必要はありません。 ただし、実際の買取査定では傷ひとついくらで査定が変動しますので、その点はご注意を。

次ページ:愛車を手放すと決めたら


一括査定START!

※リクルートが運営するカーセンサーnetへ移動します

車買取・中古車査定トップ

上へ▲

Myページ会員登録サイトマップ

価格.comトップ>自動車・バイク>車買取・中古車査定>「得する」中古車査定ガイド 一括査定で得するポイントBフォーム記入の「コツ」で得

中古車査定 - 価格.com